FC2ブログ

聖なる騎士の物語 クリア後?

5月28日

聖なる騎士の物語、攻略日記最後の記事となります。

発生時期は定かではありませんが、クリア後に各地闘技場の
SSランクに挑戦してみました。
ラストダンジョンに入る前はSランククリア済みだと
最高ランクに達しているとかで参加できませんでした。
発生時期はクリア後か、ラストダンジョン突入後ですね。

ちなみに、難易度はノーマルでもSSランク出現します。
自分はノーマルでクリアしたので、間違いないです。

それでは、最後に、闘技場SSランクの内容を記載して終わります!








【メモ書き】

・ちなみに、クリアデータを引き継ぎ最初から遊ぶこともできる。
 引き継げるものは、引継時に装備している装備品のみ。

・毎ターン全体回復魔法かけるようになったりするので、氷の魔弾の補給忘れずに!

【闘技場SSランク】
1.やはりチーム名はふざけたネーミング^^;
 さらにいえば、もはやチームでもない。皆ソロです。
コルシアンテ闘技場SSランク
フリーハグキャンペーンチームゴルドラミアー
頭脳明晰チームダークナイト
不滅の冥犬チームジョンベロス
シェルフィード闘技場SSランク
カーペットむしろゴザチームティアマット
ガラパゴスチームウロボロス
最強最強最強チーム武神オース
ヴェルドラント闘技場SSランク
踊る大胸筋チームサイクロプス
赤い相合傘チームエンドラゴン
暗黒黒龍会チームダークドラゴン

Sランクと大差ない。むしろ、魔法一撃で昇天させてくるSランクの騎士ミルミが一番強く感じる方もいるのでは?
ダークドラゴンはHPも高く、全体攻撃3連続でぶっぱなしてくることもあるので
最強はミルミかダークドラゴンのどっちかだな。

【強敵:ジョンベロス 撃破LV75】
Sランクのチャンピオンのほうが遥かに強かったね!
3回行動で攻撃力も高いが、魔力の高いキャラがゼーラルヒールを毎ターンかければ
1人が集中攻撃に遭わない限り倒されることはないでしょう。

【強敵:武神オース 撃破LV75】

4回行動で、炎の攻撃→通常攻撃→氷の攻撃→通常攻撃
を繰り返す。
氷攻撃(氷結有り)の後、通常攻撃が入るとかなりの深手を負う。
魔力の高いキャラがゼーラルヒールを連発していても、やられるときはやられる。
HPが高いので守りに回っているとMP・アイテム尽きてしまうかも。
自分はあと1ターンでやられる!!ってところで
全キャラ一斉攻撃のファイナルアタック(負けを覚悟した最後の悪あがき)してギリギリ撃破^^;
いや~、ひさびさにファイナルアタックしたよ(笑)

【強敵:ダークドラゴン 撃破LV76】
3回行動、HPが非常に高く全体攻撃をよく仕掛けてくる。
全体攻撃を3発放たれるとHPが低いキャラは昇天するかも。
3発連続で全体攻撃受けるとフローラとエメロードがよく昇天した。

エメロード→基本は毎ターン、ゼーラルヒール。かなりの余力が出来た場合には業雹やディフェンゼール。
フローラ→アイテムでMP回復やら、貫尖撃で攻撃
クレイド→応援後、只管軍神

3回やって漸く勝てた。
1回目は、フローラとエメロードが3連全体攻撃の餌食になって立て直せず全滅
2回目は、氷の魔弾が尽きて全滅(笑)
3回目は、氷の魔弾を補給してきて問題なく撃破・・・時間はかかったけど。


と、以上で「聖なる騎士の物語」は終了です!


次回からは287本目のRPG、ケムコ帝国配信「大正異聞ガイア伝奇」攻略開始です!
戦闘はドラクエ風オーソドックスな和風RPGですね。
まぁ、シナリオは現実離れした和風RPGなので、和風RPG嫌いな方でも楽しく遊べるかも?(ヒロインは外人女性だし)
自分は和風RPG苦手なのですが、楽しめていますよ♪


コメント 0件
コメントはまだありません
コメントをどうぞ(※500文字まで可能)

※攻略に関する質問コメントは削除対象です。また、URLの書き込みは禁止設定になっているのでご注意ください!

※当ブログは攻略サイト・攻略本禁止プレイ、自力クリアまでの過程を大事にして更新しています。管理人が攻略中のタイトルの記事には攻略のヒント(アイテムの取逃し等を含む)となる書き込みをしないようにご協力お願い致します。(※現在、攻略中のタイトルの記事のコメント欄は閉鎖しています。コメント欄がある記事は攻略済みなので、お気軽にコメントを残してください♪)

※当ブログはRPG1000本クリアの挑戦を綴っただけの個人の日記です。攻略サイト・レビューサイトではありません。ご了承ください。

※記事の内容とは関係のない話題はカテゴリ「お知らせ&雑談用」の記事にお願いします。「お知らせ&雑談用」以外では「ユウキのRPG日記」の各記事の内容に対してのコメント欄です。他サイトの宣伝やご自身の日記(独り言のような管理人が返信し難い内容)が主体となっているコメントはおやめください。そのような内容は、ご自分のブログやそれらを目的としたサイトにお願いします。